1. トップページ
  2. >
  3. 共同利用・共同研究
  4. > 利用施設
利用施設

施設概要

中部大学国際GISセンターは、2011年に、中部高等学術研究所の附置センターとして設立された。中部高等学術研究所は1996年の創設以来、社会の在り方、啓蒙、コミュニケーション、メディア、環境、持続発展教育(ESD)などをテーマに学術の再編を目指した研究の蓄積があるが、国際GISセンターを設立したことで、具体的な俯瞰型情報基盤(以下「デジタルアース装置」)という研究装置を有することになった。

大学名中部大学
申請者学長名山下興亜
本部所在地〒487-8501 愛知県春日井市松本町1200番地
拠点の名称問題複合体を対象とするデジタルアース共同利用・共同研究拠点
申請施設の名称中部大学 中部高等学術研究所 国際GISセンター
研究分野地球情報科学、地球人間圏科学、持続可能システム
申請施設の
代表者
氏名福井弘道
フリガナフクイヒロミチ
所属部署国際GISセンター
役職名センター長
所在地〒487-8501 愛知県春日井市松本町1200番地
E-mailde_collabo@office.chubu.ac.jp

ハードウェア

ハードウェア

災害時の意思決定支援、エビデンスベースでの熟議を行なうため、災害時でも利用可能な自家発電装置を備えた15面マルチディスプレイ・電子黒板・及びディスカッションルーム

デジタルアースサーバー群

デジタルアースサーバー群

デジタルアースサー360°カメラ・コンピュータ・プロッター・衛星携帯電話回線を搭載した災害時情報収集車両バー群

全周カメラ、コンピュータ、大判プロッタ、衛星携帯電話回線等を搭載した災害時情報収集車両

左/災害時の現状把握、地域環境調査のための各種無人飛行機右/(UAV)ラジコン式回転翼UAV(×3)・オートパイロット式回転翼UAV(×1)・ 固定翼UAV(×2)

左/災害時の現状把握、地域環境調査のための各種無人飛行機
右/(UAV)ラジコン式回転翼UAV(×3)・オートパイロット式回転翼UAV(×1)・固定翼UAV(×2)

ソフトウェア/データ

ソフトウェア


IBM SPSS Statistics Base
ArcGIS for Desktop Advanced 及びエクステンション
  • ArcGIS Spatial Analyst
  • ArcGIS 3D Analysit
  • ArcGIS Network Analyst
  • ArcGIS Tracking Analyst
  • ArcGIS Geostatistical Analyst
  • ArcGIS Schematics
  • ArcGIS Publisher
  • Data Interoperability

各種空間データ


DATASECTION Inc. ソーシャルメディア蓄積・分析情報
ArcGIS データコレクション 2014 スタンダードパック
  • 広域地図(ゼンリン地図データ、国交省国土数値情報、国土地理院基盤地図情報)
  • 公共地図(国土地理院数値地図、国土地理院基盤地図情報、国交省国土数値情報、街区レベル位置参照情報、大字・町丁目レベル位置参照情報)
  • 街区レベル住所(街区レベル位置参照情報、大字・町丁目レベル位置参照情報、国交省国土数値情報、平成22年国勢調査 町丁・字等別集計)
  • 基本統計
  • 平成22年国勢調査(総務省統計局)
  • 平成21年経済センサス 基礎調査(総務省統計局)
  • 平成17年国勢調査、平成18年事業所・企業統計調査(総務省統計局)
  • 平成13・20・22年交通流動量(国土交通省国土政策局)
  • 平成18・21年土地利用細分メッシュ(国土交通省国土政策局)
  • 平成21年都市土地利用細分メッシュ(国土交通省国土政策局)
  • 平成23年駅別乗降客数(国土交通省国土政策局)
  • 平成23年用途地域(国土交通省国土政策局)
  • 平成19-25年都道府県地価調査(国土交通省国土政策局)
  • 平成19-25年地価公示(国土交通省国土政策局)
ArcGIS データコレクション 詳細地図 中部地方版
ArcGIS データコレクション 道路網2015中部北陸地方版
JPS 平成22年国勢調査100mメッシュ推計データ全指標 全国版
ゼンリン 建物統計データ 行政区分地図対応 愛知県
ゼンリン 行政区分地図データ 愛知県
地形データ(SRTM、5m メッシュ、10m メッシュ)
春日井市 GeoEye-1 画像(2012年撮影)
春日井市航空写真(1962、68、74、76、82、85 年)
共同利用・共同研究
公募案内
採択研究一覧
採択研究集会一覧
利用施設