1. トップページ
  2. >
  3. 国際GISセンターについて

ABOUT

中部大学 中部高等学術研究所 国際GISセンター

現在人類は、自然災害のリスクから科学技術に伴うリスクに加え、地域・民族紛争ばかりか最近では地球温暖化といったリスクなど、様々なリスクを抱えています。これらのリスクは、相互に連関するとともに、ある局所的に突発した些細な事象が、急速に全球レベル波及し、人類の持続性の脅威にもなりかねません。
このような複合的かつ早急に対処を要するリスクに対応するためには、問題の把握と対応を実時間(リアルタイム)に行い、諸科学を横断して因果分析やプロセス分析を総合的に融合するといった、新しい問題対応手法が必要です。そこで中部大学では、その手法は、近年、成熟した技術となりつつある、GIS、空間情報科学(Geoinformatics)によるアプローチが有効であると考え、複数の研究者がコラボレーションをするための組織を創り、新しい問題対応手法の開発を研究する「国際GISセンター」を設置しました。

ヒマラヤ山脈

- 取り組みの一例 – ヒマラヤ山系氷河湖決壊洪水リスクマネジメント

モルディブ

- 取り組みの一例 - モルディブ共和国 ガン島におけるドローン空撮画像から再構成した3次元点群データ

概要

センターの研究・教育目的・内容

  • マルチスケール(コミュニティから都市・地域・国土・アジア・地球・宇宙まで)の圏域科学でとらえた、
    持続可能な生活・世界の構築、人類社会の発展を考究する。
  • リアルタイムから中長期の戦略までのタイムスパンを取り扱うプロセス科学を考究する。
  • 科学・技術・社会を横断して情報を共有し、因果分析やプロセス分析を総合的に融合する新しい問題解決手法や社会システムの開発や実践を行う。

以上に必要となる、GIS、デジタルアース、ジオインフォマティックを研究・教育し、膨大な地理空間情報を取り扱い、三次元や時系列の地球を実時間で表現することを可能にする、データベース、ツールの開発を行う。

役割・機能

  • 諸科学を横断する複数の研究者がデジタルアースを使って「知の再編と創造」を行えるよう、デジタル・アースの関連研究の国際共同利用研究センターを目指しています。
  • 継続性を持って長期的な研究・教育を包括的に進め、重点課題に対しては、探査的萌芽的研究の育成を行います。
  • 研究の継承と人材育成の拠点を目指します。

研究・開発

安心・安全な社会構築に向けた取り組み

  • リスクが高まっている東海・東南海地震への対応
  • リスク軽減のためのハザードマップ(活断層等)
  • 予兆モニタリングのためのダイレクトセンシング・リモートセンシング
  • 政府と独立した民間の災害対策中央指令施設の設置
  • 東日本大震災を教訓にした防災対策とのその地域への普及
  • 地球温暖化等による災害の大規模化への対応
  • 予兆モニタリングのためのダイレクトセンシング・リモートセンシング
  • リスク軽減のためのハザードマップ
  • Global Security Force設置準備

持続可能社会の構築に向けた取組み

  • 持続可能な天然資源管理(食料・水などの天然資源)のための技術開発
  • 地球温暖化等による災害の大規模化への対応

教育

  • 国際機関・海外大学と連携した「持続可能な社会構築」「安心安全な社会構築」を実践できる人材の育成と、そのための教材開発
  • 国際機関・海外大学と連携した「持続可能な社会構築」「安心安全な社会構築」に向けた研究の支援
  • 市民を対象にしたジオインフォマティクス教育と、そのための教材開発

社会貢献

  • 積極的な産官学連携によるプロジェクト推進と成果の普及 国際的に門戸を開いた活動による国際貢献
  • 地域に門戸を開いた活動による地域貢献 全国共同利用の研究センターを目指す
デジタルアジア

- デジタルアジアの二つの分析装置 図解