1. トップページ
  2. >
  3. 共同利用・共同研究
共同利用・共同研究
共同利用・共同研究の目的
情報科学、リモートセンシング、GIS、社会工学等に関する研究者との共同利用・共同研究を通じて、サイバースペース上に構築される多次元・多解像度の地球(デジタルアース)の研究開発を行う。さらに環境、災害等の問題複合体の研究者に対し、デジタルアースを提供し、共同利用・共同研究により持続可能な社会を構築するため、問題複合体を解題し、合意形成に寄与するとともに関連諸科学の発展に貢献する。
図説
共同利用委員会
中部大学国際GISセンター「問題複合体を対象とするデジタルアース共同利用・共同研究拠点」共同利用委員会を、共同利用委員会といい、当拠点の運営に関する事項、当拠点における共同利用・共同研究課題の募集・選考・評価に関する事項等を審議・決定する機関として、学内の専任教員、及び学内の委員数以上の学外有識者・研究者を以て組織される。
所属・職氏名
東京大学 空間情報科学研究センター・教授柴崎 亮介
名古屋大学 大学院環境学研究科・教授山口 靖
国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系・准教授北本 朝展
東京大学 大学院農学生命科学研究科 附属生態調和農学機構・特任教授二宮 正士
慶應義塾大学 大学院政策・メディア研究科・特任教授小林 光
首都大学東京・客員教授増田 耕一
関西大学・大阪大学・名誉教授盛岡 通
慶應義塾大学・名誉教授薬師寺 泰蔵
中部大学 中部高等学術研究所・所長/教授福井 弘道
中部大学 中部高等学術研究所 国際GISセンター・教授本多 潔
中部大学 中部高等学術研究所 国際GISセンター・准教授竹島 喜芳
中部大学 中部高等学術研究所 国際GISセンター・准教授杉田 暁
中部大学 総合工学研究所・教授林 良嗣
中部大学 人文学部・准教授渡部 展也
中部大学 工学部・准教授井筒 潤
共同利用・共同研究
公募案内
採択研究一覧
採択研究集会一覧
利用施設